Jメールってどんなサービス?特徴や向いている人・体験談を大紹介!

・Jメールってどんなアプリ?
・Jメールで実際に女の子と出会えるの?

あなたはこのような悩みをお持ちではないですか?
Jメールは九州地方、特に福岡で人気のマッチングアプリです。
マッチングアプリは今たくさんの種類があり、中には悪質なアプリも存在します。
結論から言うと、Jメールは実際に女性と会うことができるアプリです。
よく、サクラや業者だらけなんじゃないのかと思われる人がいますが、確かにJメールは会員登録者数がとても多く一部サクラや業者なども存在しています。ですがサクラや業者は一般の人と見分けがつくので、ちゃんと実際に女性と会うことができます。
この記事ではJメールの特徴やJメールに向いている人、体験談も紹介します。

1.Jメールってどんなアプリ?

1-1.Jメールの特徴

Jメールは九州地方を中心とした人気マッチングアプリです。
特徴は、老舗企業の運営、登録者数が多い、アプリ以外にウェブ版があるといったものが挙げられます。
運営企業は有限会社MIC総合企画です。
この企業名を聞いてパッとイメージできる方は少ないかもしれませんが、実はこの企業、20年以上の実績を持つ企業です。
「出会い」をキーワードにした事業展開を行っており、ノウハウも豊富という強みを持っています。
そのため、出会いやすい特徴はもちろんのこと、こういった出会いにまつわるネガティブな面への対応も優れているのです。
例えば、サクラしかいないようなアプリが多い中、極力そういったものを減らすノウハウを持っていることや出会いに関するさまざまなトラブルに対応してきたという実績もあります。
むしろこの対応力がなければ、この世界で20年以上も運営を続けることはできません。

登録者数が多い

アカウント数換算ではありますが、全国に600万人の利用者がいるアプリになっています。
そのため、地方に住んでいる方であっても十分出会いのチャンスがあるというメリットも少なくありません。
600万人という数も都道府県で割れば一都道府県当たり10万アカウント以上の登録者数がいることを示していますから、それだけの利用アカウントがあれば出会いのチャンスも十分期待できます。
アプリ以外にウェブ版もあるというのが特徴です。
アプリは確かに使い勝手が良いですが、詳細な設定などをしたい場合はウェブの方が操作しやすいというシーンも少なくありません。
Jメールはウェブ版も用意されているので、それを利用して楽しむことも可能です。
さらにウェブ版の方がポイントなどが安価に購入できると言うメリットがあるため、使いわけることでお得にJメールが楽しめます。

Jメールのメリット

メリットも紹介しましょう。
メリットは主に2つ、身バレしにくい、課金なしでも遊べるということです。
身バレしにくいという理由として、Jメールに本名登録や身分証明書の画像を送る、電話番号を登録するといった必要がありません。
非常にまれですが業者の中には情報を漏洩する人も少なくないため、そんな心配が全くないJメールは安心して利用できます。
また自分が操作を誤ってそれらの情報を公開させてしまうといったトラブルの心配もありません。
ニックネームと都道府県(市町村は任意)年齢やメールアドレス、パスワードの設定だけで利用できてしまうというのがメリットと言えます。
課金なしでも遊べるのがメリットです。
確かに本格的に出会いを求めるのであれば、課金することも時には必要ですが、登録と年齢確認を行うと、無料で80ポイントがもらえるためメールで連絡を取るといったコンタクトを10回以上行うことができます。
うまく行けば課金しなくとも連絡を取って出会うことができるというのがメリットです。

Jメールのデメリット

それは、業者やサクラがいる、小遣い稼ぎの女性がいるといったことです。
Jメールも登録が容易なことから業者やサクラがいます。
ただ、こういったものはJメールに限ったことでなく、出会いアプリ全体に言えることで、業者やサクラがいないと言っているサービスをむしろ疑った方が確実です。
これもあからさまなものが多いので、避けてコンタクトを取るという工夫をすれば克服することができます。
小遣い稼ぎの女性もいるのはデメリットであり、注意点です。
女性会員は無料で利用できるうえ、男性からメールを受信をして約5円、返信をして約2円程度のお金がもらえます。
そういった面から利用している女性も少なくありません。
どんどん話が長引けば長引くほどお金がもらえるので、なかなか出会えない場合もあるのです。
そういったケースを回避するためにある程度長引きそうなら、小遣い稼ぎの女性と判断し、早めにコミュニケーションをとるのをやめましょう。

1-2.Jメールの料金

料金はポイント制です。
ウェブ版だと格安で100ポイント1,000円のレートでアプリ版で購入すると1ポイント10数円とやや高くなりますから、ウェブ版での購入をオススメします。
主な機能の消費ポイントを紹介すると、メッセージを送るのに7ポイント(約70円)、掲示板に投稿するのに5ポイント(約50円)かかります。
これ以外に投稿画像を見たり、プロフィール画像を見るのに3ポイント(約30円)等があります。
このポイントは、180日で消えてしまうことと、一度買ったポイントはお金に戻せないことに注意しましょう。

2.Jメールはどんな人におすすめ?

Jメールを利用するのに向いている人の特徴を紹介していきます。
Jメールに向いている人は、婚活をしたいというより恋活や遊び相手としての出会いを求めている人です。
出会いアプリは本気の出会いを求めている人の場合、身分証明書の提示や場合によっては独身証明書などの提示や提出すら求められるものすらあります(結婚相談所などが運営する出会いアプリなど)。
しかし、Jメールはニックネームと住んでいる都道府県や年齢などを入力するだけで身バレしにくいというのが特徴です。
そんなJメールは自分の身元がバレずに出会いを求めるのに最適なアプリと言えます。
女性から見ても自分の住所や電話番号などを登録する必要がないので、安心して相手を探すことができるので、そういった身バレしたくない人にオススメできます。

遊び相手を求めている場合も向いている人です。
Jメールは身バレしなかったり、身分証明書の提示もないことから気軽に出会いができるという特徴があります。
そのため、相手の女性もパパ活などを目的としている子や身バレしたくない人妻なども少なくありません。
こういった相手は本気の恋愛相手を探しているのではなく遊び目的の相手を探しているだけです。
そういった相手が多いので、こちらも遊び目的での利用の方に向いていると言えます。

3.Jメールを実際に使ってみた体験談

最後にJメールを実際に使ってみた体験談をお話しします。
プロフィールが最後になってしまってとても失礼ですが、僕は27歳の会社員です。
普段オフィスで仕事をしていることが多いのですが、僕の部署は同僚の男性が数人いるだけ、しかも仕切りでしっかり区切られているので会話する機会もあまりありません。
欲求不満がたまっており、Jメールを利用して女性と遊びたいと思いました。
結果から言うと、8か月続けて年上の女性2人と同い年くらいの女の子1名、パパ活目的の多分ちょっと年下くらいの1名です。
最初ポイントをウェブ版で購入し、誤って業者にメッセージを入れてしまいメッセージボックスに業者のメールがたくさん入るようになってしまいました。
気を取り直して、アカウントを作り直し、会えそうな佐賀県または福岡県内の女性をチェックしアプローチして行ったのです。
小遣い稼ぎのような女性もいましたが5回メッセージを送って脈がないと思ったらすぐ切るということを心がけて、3か月目で最初の年上の女性と知り合うことに成功しました。
最初脈ありのメールが来たときはすごくうれしくて写メを撮ってしまうくらいでした。
その後連絡を2回やり取りして駅前へ会い、そのままホテルへ行きました。
年下だったのでホテル代は折半してくれたのも地味に嬉しかったですね。
ここまでかかった費用は8,000円です。
その後、なかなか会えなかったので、パパ活風の子と連絡を取ってお金を払って関係を持ちました。
半年目でもうやめようと思ったタイミングで年上の女性1人、同い年くらいの子1人と一か月ごとに出会うことができ、今に至ります。
2万円位使って、これだけの出会いがあったので、それなりに投資をすれば出会うことができるのではないかと思います。

4.まとめ 福岡での出会いならJメール

最後に、Jメールの運営会社は福岡市の企業です。
そのため九州地方に力を入れており、そういった影響から他のマッチングアプリに比べて、九州地方の方の登録も多い傾向があります。
登録している人が多ければ、当然実際に会える確率も高くなります。
なので九州地方で出会いを求めている方にとってはメリットの大きい出会いアプリと言えます。

最新情報をチェックしよう!