マッチングアプリとは?出会い系と何が違うの!?違いを解説

最近広告とかでよく見かけるマッチングアプリってなんだろう?
マッチングアプリって出会い系とは何が違うの?
マッチングアプリよくわからないけど友達がやっているからやろうかな。

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

YouTubeやTwitter、インスタグラムなどの広告でよく目にするマッチングアプリ。
気になった人、やってみようかなと思った人も多いかと思います。

しかし、「どうせ出会い系と一緒でしょ」と思っている人も実際にいると思います。
まだまだマッチングに対する安心感というのは確立されていません。

この記事ではマッチングアプリとはどのような仕組みなのか、また出会い系と何が違うのかを詳しく解説していきます!

1.マッチングアプリって?

1-1.マッチングアプリとは

マッチングアプリとは簡単にいうと、知らない人と連絡を取り合って実際に会うことができるアプリのこと。

例えるなら、友達じゃない人ともメッセージのやりとりのできるLINEです。

マッチングアプリを使う目的は様々で単純に暇つぶしや友達作り、さらには恋人作りや婚活などがあります。
マッチングアプリによって重視する項目は違うので目的別にいくつかマッチングアプリを実際に紹介します。

注意 異性と会うのがマッチングアプリというわけではなく、単に人と人とを繋ぐアプリをマッチングアプリということがあります。

1-2.マッチングアプリって本当に出会えるの?

たいていのマッチングアプリではまず同じアプリをやっていて、自分の会いたい人の条件を選んで、条件にあった人だけが表示されます。

選べる条件としては、年齢や住んでいるところ身長や体型など。

アプリによっては同じ趣味の人とかも表示することができます。

その中から、好きな人にいいね!やメッセージを送ることができます。

アプリによってはお互いにいいね!をしあった状態、いわゆるマッチングした状態でないとメッセージのやりとりができません。

マッチングアプリで知らない人に本当に会えるの?についてですが、実際に会うことができます!
実際にマッチングアプリを利用して恋人ができた人や、中には結婚した人もいるくらいです!

1-3.マッチングアプリと出会い系の違いは?

マッチングアプリと出会い系は名前が違うだけで基本的には同じものです。

出会い系は昔から呼ばれていた名前で、最近マッチングアプリという名前で呼ばれるようになりました。

なぜ名前が変わったかというと、出会い系の印象があまりよくなかったからです。
たしかに出会い系と聞くと詐欺とか犯罪のイメージをもたれる方が多いと思います。

なので、マッチングアプリは名前を変えて売り出したということです。
しかし、名前だけ違うのであって中身は出会い系と同じでしょと思う人もいるかと思います。

マッチングアプリはインターネット上で知らない人と知り合うという仕組みは出会い系と変わりませんが、詐欺とか犯罪とか不安要素を排除して、誰でも安全に使えるようになっています。

例えば、利用するときに年齢確認書類を提出しないと利用できないので、未成年の利用や複数のアカウントでの運用ができなくなっています。

一昔前の出会い系とは違って、真面目に婚活や恋活をするユーザーのみ利用できるよう配慮しているのでマッチングアプリは安全です。

2.マッチングアプリの特徴

マッチングアプリの仕組みや、出会い系との違いを理解したら次はマッチングアプリの特徴をみていきましょう。

2-1.安い料金

マッチングアプリの多くは月額制で大体1ヶ月、3000~5000円くらいで利用できます。
ここで、婚活サイトや出会い系サイトと料金を比較してみましょう!

婚活サイトなどと比べると低価格ですね!
また、出会い系サイトだと、月額制ではなくポイント制のところが多いです。ポイント制とはメッセージを送ったり、プロフィールをみたりする度にポイントが必要な仕組みのことです。

2-2.安全性が高い

マッチングアプリは出会い系などと比べると安全性が高いです。
なぜマッチングアプリは安全性が高いのか、理由は3つあります。

それは年齢確認をしないと利用できないのと信用できる会社が運営していること、そして特別な届出を出していることの3つです。

年齢確認をしないと利用できない

マッチングアプリでは年齢確認ができる画像を提出することが求められます。
年齢確認をしないとメッセージでやりとりすることができません

マッチングアプリは18歳以上しか利用できないので、18歳未満の利用を防ぐ意味があって年齢確認をします。
また、登録した生年月日が正確かどうかも判断するので一人で複数のアカウントを持ったりすることができません。

なので、出会い系で問題となったサクラや業者が基本的にいません。

年齢確認書類として使えるのは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。
学生証は使えるアプリと使えないアプリがあります。

信用できる会社が運営している

マッチングアプリの安全性を見る手段として、そのマッチングアプリを運営している会社が信用できるかどうかがあります。
違法な出会い系サイトでは運営会社を掲載してあっても、そもそも会社が存在していないなんてこともあったそうですから運営会社を見るのは重要です。

例えば、タップル誕生というマッチングアプリは「サイバーエージェント」の子会社が運営しています。

サイバーエージェントといえば、誰もが一度は聞いたことがあるアメーバブログな度を運営している有名企業です。

有名な企業が運営しているマッチングアプリは安全と言えます。

特別な届出を出している

マッチングアプリなどのサービスを行うには異性紹介事業者の届出を出しす必要があります。
異性紹介事業者の登録がされていないアプリやサイトは詐欺や犯罪に巻き込まれる確率が高く、安全とは言えません。

マッチングアプリのPairsやイヴイヴなどでは公式サイトにインターネット異性紹介事業取得済みとなっています。

公式サイトに掲載のない物は安全ではない可能性があるのでダウンロードしないようにしましょう。

3.マッチングアプリ紹介

マッチングアプリのことについてわかってきたところで、具体的にどんなマッチングアプリがあるのか目的別にみていきましょう!

3-1.遊び・デート目的にはタップル

タップル誕生は遊び・デート目的〜恋活目的の人が多いマッチングアプリです。

基本的には真面目な恋活ができますが、「急に暇になった」とか「いますぐ一緒に飲みにいきたい」という人にはおでかけ機能で一緒に遊んでくれる人を募集できます。

募集の方法も掲示板に目的と内容を入力するだけ。
誰でも簡単にできちゃうんです!

気軽にできるマッチングアプリなので、利用者は20代の若者中心となっています。

3-2.真面目な恋活目的はPairs

Pairsは真面目な恋活目的とした人が多いです。
Pairsの最大の特徴は会員数の多さです。

なんと会員数は1000万人以上!

国内では利用者数が一番多いマッチングアプリです。
利用者が多いということは、それだけマッチする確率も高いということですね。

実際にPairsを使って結婚した、付き合ったカップルの数はなんと20万組を突破しています!

実例があれば、「自分も付き合えるかも」と思えて始めやすいですよね。

3-3.婚活目的ならOmiai

婚活目的ならOmiaiがいいです。
Omiaiの運営会社は一部上場企業が運営しているので安心ですね。

Omiaiを利用している人は30代が中心なので真面目に婚活する人が大半なので、遊び目的で利用する人はほとんどいません。

ちょうど婚活を始めるくらいの年齢の人がほとんどなので安心して婚活することができますね。

累計会員数も400万人以上なので、たくさんの人の中から選ぶことができますね。

Omiaiの料金は男性は月3980円〜、女性は完全無料です。1年間契約をすれば、月1950円〜と安くなります。

有料会員となればメッセージのやりとりし放題となったり、異性が検索するときに自分が表示されやすくなったりします。

真剣に婚活するなら課金は必須ですね!

4.結論 マッチングアプリは出会い系とは違う

マッチングアプリと出会い系は名前は一緒ですが、中身が違います。

このようにマッチングアプリは昔の出会い系のようなネガティブなイメージはありません。

もし出会いがなくて悩んでいる、マッチングアプリをやろうかどうか迷っているという人は是非一度、自分の利用目的にあったマッチングアプリをインストールしてみてください。

インストールすれば、マッチングアプリに対する偏見やネガティブなイメージがなくなると思います。

最新情報をチェックしよう!