もう悩まない!マッチングアプリのメッセージの必勝法

マッチングアプリで気になる人ができたけれど、どうやって話しかけてよいかわかない。
全く知らない人とだから話の接点を見つけられない。
どうやって話題を広げていったらよいかわからない。

あなたはこんなな悩みを持っていませんか?

マッチングアプリのメッセージは、普段LINEで行っている会話とは違って全くの知らない人と話すことになります。

なので、ある程度の顔見知りや友達に送るようなメッセージだと、相手に馴れ馴れしいと思われてしまう可能性もあります。

ではどのように会話をすればいいのでしょうか?

答えを先に言うと、自己紹介→相手の興味があることを聞き出す→質問で深掘りする

この3つを抑えておけばok!

この記事ではマッチングアプリでのメッセージのしかたやコツ、デートの誘い方まで詳しく解説します。

マッチングアプリでマッチした後のメッセージの流れ

マッチングアプリで女性とマッチしたらまずは次の3つのことをしましょう。

1.まずは簡単な自己紹介
2.相手のどこに興味を持ったのかを話す
3.質問メールを繰り返す

まずは簡単な自己紹介を

マッチングアプリで自分から最初にメールを入れるとき、自分の紹介をすることは大切です。
知らない人からいきなり連絡をもらっても、どんな人か不信感を持ってしまいます。

もちろん自分のプロフィール画面で多少のことはわかりますが、改めて文章を作って送ることは自分をアピールすることにもなりますし、大切なことといえます。

名前や年齢、会社や趣味など簡単な自己紹介でいいのでメールで触れておきます。
いくら自分をアピールしたいからと言って、いきなり長文をダラダラするのもよくありません。

相手が読むのに疲れてしまう文章は控えるようにします。
自分のプロフィールに補足するような文章を、短すぎるような文章はやめて、送るのが良いです。

相手のどこに興味を持ったのかを話す

女性の多くがどうしてこの人は自分にメールをくれたのか疑問を持つものです。

ですからどうしてその女性にメールを送ることになったか、理由を添えて最初の自己紹介をするのは効果的です。
そうすることで、相手が自分のどこに興味を持っているかわかることによって、送られた相手も安心し心を開いてくれやすくなります。

マッチングアプリは複数の人とやりとりできることが魅力的でもありますが、誰にでも通じるような理由をつけない方が良く、その人しかない理由を書いておくと私を選んでもらえたんだと、相手も感じることとなります。

具体的に言うと、自分と同じ趣味を持っているからとか、性格が似ているからとか。

相手の特徴探しは大変かもしれないですが、同時に褒めることにもつながりますし、相手のプロフィールはよく見ておいた方が良いです。

質問メールを繰り返す

一度マッチングが成立すると、相手とメッセージのやりとりができるようになります。

挨拶や自己紹介のあとで返事をもらえるためのコツは、疑問形でメールを作ることです。

質問すれば返事はしやすいですし、気にならなければ質問しないため、興味を持っていることは伝えられることとなります。

注意点としてあまり質問してばかりですと相手にうっとうしいと思われることもあります。

なのでたまに自分の近況などを伝えたり、興味のあることを伝えたりしましょう。

また、やり取りをしている間に相手のことを知ること、そして共通点など見つけておけるとよいです。

これからの連絡のやり取りに役に立つこととなりますし、実際に会うことになったら、その話題が役に立つこととなります。

メールのやり取りはどれくらいすればいいかと言う質問をよく見ますが、半年とか一年などはさすがに長すぎると思います。

その間にお互いの状況が変わってしまうこともあり、気が変わってしまうこともあります。

すぐに誘いすぎてしまうと相手に遊びではないかと疑われることもありますので、一か月程度はやり取りをしておいた方が良いです。

しかし、あまり間延びしてしまうと誘うタイミングがなくなったり、連絡を取り続けている友達という言う風に関係が変化しておくこともあります。

なので出会った異性と付き合いたいと考えている場合は、長すぎない短い過ぎないポイントで誘うことは大切です。

マッチングアプリのメッセージで使えるテクニック

ここでは、マッチングアプリのメッセージで使えるテクニックをご紹介します。

・あいさつメールで間をつなぐ
・デートの誘いは慎重に
・しつこくしない
・何度もやり取りする

あいさつメールで間をつなぐ

連絡がマメな男性が好きという女性は多いです。

返事が遅すぎるタイプの男性はなるべくはやく返事をし、遅くても翌日以内に返しましょう。

また便利なのは、「おはよう」「おやすみ」などのあいさつメールです。
話題に困った時や、間をつなぐときにこのメールは役に立ちます。

特に文章を考えなくてもよいですし、なんとなく相手とつながっている印象は付けることができます。
メールが苦手な人もあいさつメールだけは欠かさないでいると、相手と突然切れたりする可能性はなくなります。

デートの誘いは慎重に

女性の中にはただ連絡を取ることを楽しんでいる人や、付き合う相手を探していない人も存在します。
そのため、いきなりお誘いのメールをおくると相手が引いてしまって返事が来なくなってしまうことがあります。

何度がやり取りをしている間に、相手に自分と本当に会う意思があるかを確認しておいた方が良いです。
あまりにはぐらかさせたりその意志がない場合、その連絡している間が無駄な時間になってしまったということもないわけでもありません。

自分でテンションがさんざん上がったあと断れるのはとても傷つきますし、相手に嫌な感情さえ持ってしまうことがあります。

あまり最初からガツガツいくと相手に警戒されることもありますから、返事が来ることを確信したくらいのときに、実際に会う気があるかを一緒に確認しておけるとよいです。

改めて誘わなくても、その時に会う流れになってしまえばそれはラッキーですし、会わない意志がわかるようでしたらそこでやめてしまうのもよいです。

他の人に当たった方が、結果的に時間の無駄にはなりません。

しつこくしない

マッチングアプリは運が良ければ実際に会うことはできますが、会わないで終わってしまったということもよくある世界です。

1人の人にこだわっているとその人の気が変わらない限り相手に会うことはできませんし、時間ばかりがかかってしまうこととなります。

ですから、この人が無理だと思ったら次の相手にどんどん変えていったほうが実際にデートする確率は高くなります。

今はメールで連絡を取っているだけの関係ですので、誰とも付き合っていないといえます。
そのため複数の人とやり取りしていても、問題はあまりありません。

自分が負担にならないで相手のことを忘れてしまうようなことがないような、手に負えるような人数を並行してやり取りしていっても問題はありません。

お付き合いするときに1人に絞ればよいですし、連絡がこなくて悩んだり次に進めないよりは、最初から並行して進めて行ったほうが相手は見つかりやすくなります。

並行して時間をかけることで気持ちの変化があったり、実際に会うところまで進めることもあります。

何度もやり取りする

複数人とやり取りしていると、メールの仕方もうまくなりますし、どんなメールが返事がきやすいかやっているうちにわかってくるようになります。

実際に付き合って恋愛偏差値をあげることだけが、恋愛上手になれることではありません。
マッチングアプリも連絡が取れる手段であり、繰り返すことでうまくなってくることもあります。

最初の間はうまく行かなくても、メールだけでもやがてうまくなってくることとなります。
まずは付き合う前のやり取りすることも勉強ですので、経験は勉強だと思って、多少嫌になっても続けておいた方が良いです。

今後の女性とのやりとりに役に立つこともありますし、自信の成長によってお付き合いに結びつくこともあります。
最初のアカウントは勉強だと思っていろいろ練習をしていると、いずれ本当の恋愛をするときに役に立つこともあり得ます。

結論 マッチング後のメッセージが一番大事

マッチングした後のメッセージのやりとりはこの3ステップを守ればOK!

  1. 簡単な自己紹介
  2. 相手のどこに興味を持ったのかを話す
  3. 質問メールを繰り返す

基本的にはこの3つを行いながら1ヶ月程度を目安にデートに誘ってみましょう。

そうすれば女性とデートに行ける可能性が高くなります。

最新情報をチェックしよう!